自動車保険は毎年更新するだけで、交通事故に全く合わないというのが理想ですが、自動車はある程度の危険性がある乗り物なので、そういう訳にもいいきません。一方、無事故だと保険料は掛け捨てで、当然お金は出て行くばかりになってしまいます。

ほとんど同じ補償内容なのに保険会社によって保険料がぜんぜん違ってくる。自動車保険の世界ではいまやそれが当たり前になっています。
まずは、保険の仕組みを理解し、保険料をもっと安くするコツをつかみましょう。

(1)リスク要因で保険料が決まる

保険料は、金融庁が定める以下の9つのリスク要因に関して、保険会社が独自に料率を算定して保険料を設定できるようになっています。
金融庁が定める9つのリスク要因

1. 年齢 担保年齢、料率間格差は3倍以内
2. 性別 男女による違い、格差は1.5倍以内
3. 運転歴 運転者の事故の有無、経験年数など(いわゆる等級)
4. 使用目的 自家用、業務用などの違い
5. 使用状況 年間の走行距離などによる違い
6. 種別 乗用自動車、貨物自動車、軽自動車などによる違い
7. 安全装置 エアバッグ、ABS、盗難防止装置などの有無による違い
8. 所有台数 1台と複数台数目による違い
9. 地域 全国7地域のブロック別による違い。格差は1.5倍以内

 いわゆる「リスク細分型自動車保険」とは、このリスク区分を従来以上に細分化させたものです。

上記リスク要因のすべての項目を自動車保険料に反映させている損害保険会社もあれば、いくつかの項目だけを反映させているところもあります。結果として、従来の保険料より安くなる場合と高くなる場合が出てきています。様々な条件の違いにより差が出てきますので、詳しい内容については、無料で見積りが取り寄せられるインターネットを駆使し、各損害保険会社の特徴や料金を把握して、自分にあった保険を選ぶようにしましょう。

(2)代理店を通さず、直販でコストダウン

自動車保険の販売方法には代理店網を使い販売する方法と直接契約者と保険会社が契約するダイレクト取引の2種類があります。

もちろん、我々が支払う保険料のうち「代理店手数料」というのも、大きな比率を占めています。それは、電話やインターネットによるダイレクト取引であれば、カットできるコストです。自動車保険自由化以降に参入してきた外資の多くは、ダイレクトに取引できる直販体制をとって、保険料の安さを全面に打ち出しています。

直販の保険会社も一部代理店を通して保険を売っているところもあり、そこで保険を契約すると「安い」直販と、「きめ細かなフォローが期待できる」代理店の両方のメリットを得ることもできます。

また、インターネットで契約の申込をすると「インターネット割引」で一律2,000~2,500円引き、保険料を6%割引などの特典が付くこともあります。

(3)複雑な仕組みを理解する手助け、まずは見積を取ろう

保険というのは種類が多く、損害保険会社によって独自のサービスもあり、どれを選ぶと良いのか悩みがちなものです。それぞれ、加入者の車種や年齢条件により違いがあるので、まずは面倒でも数社から同じ条件で見積を取ってみて、保険料はもちろん、補償やサービス内容などあらゆる角度から比較してみることが重要です。

見積もりを行うには具体的なデータ必要ですが、車検証、運転免許証、現在加入している保険の証券などを準備すれば、インターネットを利用して、最低限の手間で比較することが出来ます。

見積は無料ですし、見積を取ったからといってその会社と契約する必要もありません。まずは気軽に検討してみましょう!