自動車保険(任意保険)と一概に言っても、実はいくつか種類があります。保障や保険対象によって種類や名前がついています。ここでは、自動車保険の基本を構成している保険の解説をします。

自動車保険の種類

対人賠償責任保険(対人保険)

他人を死傷させて、法律上の損害賠償責任を負った場合に対応する保険。自賠責保険で支払えない部分をカバーする。よく「対人・無制限」という言葉を耳にするが、対人賠償は無制限で設定するのが一般的。

対物賠償責任保険(対物保険)

他人の自動車、家や塀、あるいはガードレールなどに損害を与え、法律上の損害賠償責任を負った場合に対応する保険。

搭乗者傷害保険

搭乗者(車に乗っているすべての人:運転者も対象に含まれます)が、自動車事故により死亡したり、後遺障害または傷害を被った場合に保険金が支払われる保険。

自損事故保険

運転者(被保険者)が自ら起こした自動車事故によって運転者(被保険者)が死亡したり、傷害または後遺障害を被った場合に保険金が支払われる保険。

無保険車傷害保険

対人賠償責任保険など人に対する保険がついていないクルマとの事故により死亡したり、後遺傷害を負った場合に保険金が支払われる保険。

人身傷害補償保険

自動車事故により本人や同乗者が受けた損害に対し、過失の有無や割合に関わらず補償される保険。

車両保険

自動車の衝突事故だけではなく、火災・台風・洪水などの自然災害や、爆発・物の落下その他偶然な事故によって被保険自動車自体に損害が発生した際に支払われる。盗難や当て逃げまで補償されるタイプもある。保険金額は自動車の時価額を基準として定められる。