自動車保険を上手に使えば安心したカーライフを楽しむことができます。
しかし自動車保険が効かないケースも存在します。
どんな事故でも自動車保険が適用できる思ってしますと痛い目にあってしまいます。

以下のケースに当てはまる時に事故にあってしまうと
自動車保険の補償対象外になってしまうので注意しましょう。

飲酒運転、無免許運転

被害者保護の原則から、対人・対物の保険金は下りる場合がありますが、それ以外の自損事故保険、車両保険、搭乗者傷害保険などは一切保証されません。さらに道路交通法違反にもなります。

チューニングカー・改造車

以前は小径ハンドルの装着を理由に保険会社が支払いを断った例もありました。
現在は規制緩和のため車検対応の領域はかなり広くなっていますが、
車検対応だからといって自動車保険対象になるわけではありません。

たとえ合法であっても、車の改造を行うときは保険代理店に相談をして、
保険証書に記入するなどしておいたほうが賢明です。

自動車保険料の不払い

自動車保険料を分割払いにした場合は翌月に2カ月分が引き落とされます。
この時に再度引き落としができない状況になってしまうと、
その時点で保険会社から連絡があり、自動車保険は一切利用できなくなります。

父母、配偶者、子に対する賠償

搭乗者傷害を除き、家族にケガをさせたり、損害を与えた場合には保険金が下りません。
自宅の塀を壊した場合なども保険金がおりません。

このように保険の種類によって効かないケースが色々とあるので、
自動車保険の契約時にしっかりと内容を確認しておきましょう。