自動車保険選びは契約内容をしっかり確認しよう!

自動車保険料だけに気をとられないように注意する

自動車保険はどの保険も同じ内容ではありません。例えばあなたが自動車保険の見直しを検討するときに、一番に何を比較対象として保険会社を選びますか?

中には「最安の保険料で!」と保険料のみだけを比較して自動車保険選びをしている人も多いのではないでしょうか。もちろん毎月支払う料金が安ければそれは大変喜ばしい事ですが、自動車保険では料率クラスや等級などにより保険料の負担を抑えることができます。

しかし自動車保険は万が一に備えるためのものですから、自分に合った補償内容の自動車保険を選択する必要があります。そこで保険料だけにこだわらない自動車保険の選び方についてご紹介します。契約内容により補償内容が異なるためしっかりチェックしましょう。

自動車保険(任意保険)を比較する時には、契約内容をしっかり確認しておかなければなりません。何故ならその内容によって補償内容が変わってくるためです。そこで自動車保険で補償されるのは以下になります。

自分への補償人身傷害保険/搭乗者傷害保険
相手方への補償対人賠償責任保険/対物賠償責任保険
車への補償車両保険

主に上記3つが補償されますが、自動車保険でカバーできる範囲が広ければそれだけ手厚い補償が受けられる代わりに保険料が高くなります。例えば契約の種類によって自損事故や当て逃げが補償対象外になることもあります。

また「免責10万円」の契約内容であれば、修理代が10万円に達しない事故については修理が必要になった時でも修理代は補償されません。このように自動車保険は契約内容によって補償範囲が変わってくるのです。

だからこそ自動車保険を選ぶ時は、契約内容をしっかり確認し補償内容について理解を深めておくことが大切です。またロードサービスや各種特約などについても各社比較検討してみましょう。

自動車保険の事故対応

事故対応について確認しておきましょう

自動車保険は万が一、車で事故を起こしてしまった時のために備える保険です。車による事故は、車を運転する人にとって他人事ではありません。誰でも事故を起こしてしまう可能性があるのです。そこで気になるのが自動車保険の事故対応についてです。

事故対応を比較する時のチェックポイント

最近では多くの保険会社で「事故対応も万全です!」としていますが、実際に同様の補償内容でありながらサービスの質は各保険会社により若干差が生じてきます。しかし万が一に備えるために加入したのに、いざ事故が起きてみれば事故対応が全くダメだったとなると、精神的な負担も伴ってくることから契約前に事故対応の以下について確認しておきましょう。

  • 全国どこでも事故対応が可能か?
  • 深夜や早朝など24時間、時間を問わず事故対応が可能か?
  • 実際の事故対応ではどのような対応をしてもらえるのか?
これらについて確認しておくことをおすすめします。また実際に事故を起こして

しまった時に、相手に対し電話をかけて賠償請求の用紙だけを送付するのと、直接担当者が出向くのとでは印象はかなり違いますよね。こういった点についても確認しておくのが良いでしょう。

また今では自動車保険を事故対応で比較できるサイトも多くある他、各保険会社の評判や評価といった口コミサイトやランキングサイトなどもたくさんありますので、このようなサイトを参考にしてみるのも良いですね。ランキングを比較して自分に合った自動車保険を見つけましょう

事故対応比較の他にも「顧客満足度」や「オススメ度」など自動車保険について様々なランキングを比較サイトで確認することができますので、是非自分にとっての自動車保険No1を見つけてみてください。

自動車保険代理店を利用

自動車保険選びで大切なポイント

自動車保険選びで大切な事は、補償内容をしっかり理解した上で自分に必要・不要な補償を見極めて無駄なく保険を選ぶ事です。今では多くのウェブサイトで自動車保険に関する情報を扱っておりクリックだけで容易に保険への加入が可能となります。でも自分で全ての補償内容をしっかり理解するのは大変な事ですよね。

そんな時は自動車保険を取扱っている代理店を利用してみましょう。大手保険会社の多くは、代理店を通じて保険契約が行われ、また契約はもちろん更新手続き、事故についてまで保険会社と契約者の間に入り対応してくれます。

そして代理店はこういった手続きだけでなく、補償内容や年齢割引、新規加入の仕方や2台目割引など気になる点について質問をすると丁寧に解説してくれると共に、利用者側からの視点でアドバイスもしてくれるため自分にとって必要な保険を選択する際には大変心強い味方となります。

また代理店で契約をすると万が一事故を起こしたり交通事故に見舞われた時、焦りながらでも代理店に連絡をすると、「自分の担当者が電話により親切に事故対応してくれたお陰で冷静さを取り戻せた」なんて実話もあります。

その他、自転車の転倒による怪我の話を代理店の担当者に世間話のように話してみたら、これについても自動車保険の人身傷害保険特約の補償対象になるとアドバイスを受けることができたという人もいます。

保険代理店のスタッフは保険のプロです

保険の代理店のスタッフは保険のプロですから、自動車保険の見直しなどを検討される人にとっても、契約後何かしらのトラブルに見舞われてしまった時でも心強い味方となってあなたを支えてくれるのです。

そのため自動車保険の補償内容についての理解にしても、代理店を利用してみることをおすすめします。他にも自動車保険について解約や中断に関する中断証明書の発行、休止、名義変更など様々なことについて相談することができます。こうした保険の代理店選びはアメリカで自動車保険を選ぶ時でも重要なポイントとされているのです。

自動車保険選びのポイント

自動車保険選びで大切な補償をチェック

自動車保険を選ぶ時には自分に合った補償を選ぶことが大切です。万が一の事態に備えるための保険ですから、自動車保険に新規で加入したまま一度も見直しをしていない人は、これを機に自動車保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

まずは現在加入している自動車保険の補償内容について確認してみましょう。そして自分に必要なあるいは不要な特約などによる補償についてチェックしてみてください。

その中で自分にとって必要な補償について契約更新時に見積もりを出してもらい、もし新規に加入を検討されているのであれば、きちんと補償内容についての説明を受けて自分に必要な補償の見積もりを出してもらいましょう。

補償と共に保険料やサービス内容もチェック

自分で納得のできる補償を選ぶと共に保険料やサービス内容についての説明も受けて、こちらも自分が納得できる内容であるかどうかを確認することが自動車保険選びのポイントといえます。

このことから自動車保険選びのポイントは、納得の補償、納得の保険料、納得のサービスといった自分が納得できる内容で契約する事にあります。そのためには1社のみならず複数社の保険会社でそれぞれを比較検討する必要があります。

ロードサービス比較

ロードサービスのサービス内容に注意

自動車保険を選ぶポイントのひとつに「ロードサービス比較」があります。よく自動車保険のテレビCMでも「ロードサービス0円」または「ロードサービス無料」というフレーズを耳にした事があると思います。

このロードサービスは自動車保険に最初からセットされているのが最近では一般的となっています。ですがここで注意が必要なのはそのサービス内容です。

ロードサービス比較のススメ

自動車保険のロードサービスについては、各保険会社によってそのサービス内容に若干の違いがあるのです。そのためどの自動車保険のロードサービスは同じというわけではないのです。

そこで自動車保険を選ぶ時には、各社でロードサービス比較をしてみましょう。この時にも注意するポイントがあります。その前にまず自動車保険のロードサービスについてご紹介します。現在、多くの自動車保険に最初からセットされているロードサービスですが、このタイプのロードサービスの内容は以下になります。

  • レッカーサービス
  • 故障やトラブルサービス
  • ガス欠サービス
これら3つのサービスがロードサービスの内容となります。

そして各保険会社では、これらのサービス利用を基本的に無料としているところが多いようです。ですがここで注意したいのは、同じロードサービスと名のつくものであっても、保険会社や商品によって、そのサービス内容や利用費の有無について条件が異なるということです。

そのため自動車保険を選ぶ際には各社で用意しているロードサービスについて、それぞれサービス内容や費用について比較してみる必要があるというわけです。

自動車保健サービス内容と費用の有無

ロードサービス比較でサービス内容をチェック

自動車保険を選ぶ際には各社でロードサービス比較をしてみると、サービス内容やかかる費用の有無について、各社若干のばらつきがあることがわかります。そこでロードサービスのそれぞれのサービス内容について理解しておきましょう。

自動車保険ロードサービスの具体的なサービス内容

レッカーサービス

事故または故障により自力走行が不可になった場合、その車両を現地から修理工場などへ運んでもらうことができるサービスです。

またサービスの利用にあたって、無料でレッカーによるけん引をしてもらえる距離は各保険会社によって10km~50km超までと大きく差が出てきます。*現場によってはほとんどの保険会社で有料としていますので確認してください。

更にJAF会員であるか否かやけん引先が指定工場であるか否かなど、条件次第でもレッカーによるけん引をしてもらえる距離が異なる場合もあります。

故障・トラブルサービス

事故または故障により自力走行が不可になった場合、その車両の応急処置を現場で受けられるサービスとなります。

バッテリーやパンク、キー閉じこみやタイヤを落としたまたは乗り上げたなどにより自力走行ができなくなった場合に、現場で応急処置をしてもらうことができますが、これについてもサービスの利用にあたって費用の有無が出てきます。

例えば各保険会社では30程度で完了できるものでれば無料としていますが、時に一般的に簡単な作業で対応できないような場合には有料としています。そのため無料と有料のサービスの範囲について各社比較してみましょう。

ガス欠サービス

ガソリンが底をついてしまった時に現場までガソリンを届けてもらうことができるサービスとなりますが、こちらは約10リットルのガソリンまたは軽油を提供できる回数が1年度に1回と制限されています。

以上のようにロードサービスで受けられる上記の各サービスは、それぞれ各保険会社によって、サービス内容やかかる費用の有無について異なります。そのため自動車保険のロードサービス比較をする際には上記について確認してみましょう。

ロードサービスの対象条件

ロードサービスの対象条件をチェック

自動車保険のロードサービス比較をする時には、どのような形でロードサービスがついてくるのかを確認しましょう。保険会社によってロードサービスの対象条件は異なります。例えば以下のような内容があります。

  • 全契約が対象
  • 車両保険または人身傷害補償または弁護士費用特約などがついた契約にのみ対象

など、保険会社によってロードサービスがセットされる対象条件は異なります。そのため自動車保険に加入するにあたって、「充実したロードサービス」を重視する場合、まずは対象条件について確認しましょう。

またロードサービスの内容についても、無料で車両を運べる距離が各社異なりますし故障・トラブルサービスでは、上限の範囲内でパンク修理やタイヤ購入にかかる費用が補償される場合もあります。

ロードサービスが適用になる条件は保険会社により異なります。

ガス欠については、2年目以降の契約に限り補償する内容のものもありますし、ガソリンを届けてもらうのも高速道路上に現場が限定されている場合や逆に有料で自宅の駐車場にも届けてもらう事ができる場合もあります。

更に、保険会社が提示する手順を無視して自分で勝手に業者を手配してしまった場合などは無料のロードサービスを受けることができなくなる場合もあります。このように自動車保険のロードサービスについて、各社で詳しくその内容を見てみると対象条件がそれぞれ異なるものです。
そのため自動車保険のロードサービスについては、まず各社のロードサービスの対象条件について確認してみることが大切です。